2016年01月07日

ローン審査のブラックリストとはなにか

審査を経てショッピングローンの使用が
認められるわけですが、
この条件を持っていると
絶対に審査に通らない!
というものがあります。

ブラックリストと呼ばれるものに
名前が乗っている人は、
他の条件がどれほどよくても
ショッピングローンの審査を通りません。

言葉から連想される
一般的なイメージとは異なり、
ブラックリストとは
危険人物の名前がズラリと乗った
黒い名簿などではありません。

ブラックリストとは
実は個人信用情報機関というところに
一定期間のクレジット支払いが
遅れた人の情報が
登録されているリストのことです。

一定期間以上の延滞記録は、
その他の支払いの遅れと
別に考えられています。

このブラックリスト情報を
専門用語では移動情報、事故情報、
遅延情報などと呼ぶのですが、
これらを通称ブラック情報といい、
このリストをブラックリストと呼ぶのです。

ショッピングローンを利用しようと思っても
このブラックリストに載っている場合は
まず不可能だと考えてよいでしょう。

支払いが遅れたからといって
すぐさまブラックリストに
乗るわけではないのですが、
決められた返済日から
3ヶ月以上支払いが遅れた場合
最終的にキャッシングを
完済していたとしても
延滞情報として残されます。

ブラックリストに一旦名前が乗ると
その後返済をきちんとしていたとしても
5年間は消えません。

そしてこの間、
ショッピングローンだけでなく
住宅ローンなどの
融資のための審査は通りません。

また事故扱い後に
支払いを完了したとしても
延滞した事実は一定期間消えませんので
ショッピングローンなどの審査を
通ることはできないでしょう。

一度このようなブラックリストに
載ってしまうと
今後の消費生活に大きな影響があります。

ショッピングローンを組むときも
このようことが決してないように
慎重になるべきだといえるでしょう。
posted by はく at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | クレジット・ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。